オリジナルエコバッグは展示会のノベルティ向き!

エコバックはノベルティの中でも人気のグッズです。エコバッグは、性別や年齢を問わずに使用することができるので様々な場所で配布することができます。オリジナルのエコバッグであれば会社名や商品名をアピールすることにも役立つのが特徴です。

特に展示会ではパンフレットや資料が多いため、エコバッグをその場で使用してもらえるというメリットがあります。ノベルティやオリジナルエコバッグの特徴などを詳しく紹介します。

ノベルティとは?

ノベルティとは、主に企業がプロモーション活動の一環で無料配布するグッズのことを指します。ノベルティには様々な目的があり、商品の販売促進や企業イメーシのアップ、ブランドイメージの向上などです。ビジネスにおいて知名度を上げることは重要ですので、広告として積極的に取り入れている企業も多くあります。

テレビCMやラジオCMと比較しても宣伝コストをおさえることができますし、特定のターゲット層を狙ってノベルティを配布するなど臨機応変に対応できるのが特徴です。

ノベルティは種類が豊富ですので、予算に合わせてどのグッズにするかを選択できます。多くの人にグッズを配布したい場合には、グッズの単価を下げればグッズの数を増やすことが可能です。またグッズの単価を上げて豪華なノベルティにすることもできたりと細かな調節がききます。

ノベルティの傾向としては、あまりチープで実用性がないものは、たとえ無料であっても受け取ってもらえないことが多いです。そのため、ノベルティを作成する時には、どのようなグッズにするのかを十分に検討しなくてはいけません。

ノベルティの種類と特徴

ノベルティグッズには、これでなければならないといった厳密なルールはありません。どんなものでも会社名やロゴなどを入れて配布すればノベルティグッズといえます。昔は粗品という呼び方の方が一般的で、会社名が入ったタオルやカレンダーが多かったです。

今でも実用性の高いタオルやカレンダーは人気があります。そのほかにも定番のノベルティグッズといえば、ボールペンやエコバッグ、クリアファイル、メモ帳などです。特に学校やオフィスで使用することを想定した場合には、文房具やデスク周りで使用できる便利グッズが選ばれています。

そのほかにもお菓子やジュースなどの飲食物や、ウエットティッシュやお掃除シートなどの実用品なども人気です。グッズの単価が高いものとしては、タンブラーやお箸、マグネット、Tシャツなどがあります。うちわやカイロなども、大きく文字入れがしやすくイベント会場でも喜ばれるグッズです。

キーホルダーや携帯ストラップは、オリジナルのキャラクターなどを使用することもあります。

「イベント来場者がずっと使えるオリジナルエコバッグを配布しよう」

ノベルティはシーンに合わせて選ぼう!

ノベルティを選ぶ際には、実際に配布する場所や配布する対象人物像、季節や気候といったことを参考にしましょう。これらの項目を考慮せずにノベルティグッズを選択してしまうと、現場の状況とのミスマッチが発生しかねません。

そうなると予想よりもグッズの配布が進まない、受け取ってもらえないといった事態が起きてしまうことも考えられます。ノベルティは配布するタイミングなども非常に重要ですので、総合的に分析して計画するようにしてください。

例えばノベルティを配布する場所が屋内か屋外かでも、グッズの内容は変わってきます。夏のシーズンや屋外のイベント会場では、うちわや手ぬぐい、冬のシーズンではカイロやマスクなどが最適です。また宣伝したい内容によってもグッズを変えてみましょう。

会社の宣伝をしたい場合には、会社のイメージに沿ったグッズを選びます。清掃会社ならお掃除グッズ、塾の場合には文房具といったふうに、ノベルティを受け取った人がイメージしやすいものと関連づけることがコツです。

会社説明や展示会では、会場内で使用できるエコバッグやクリアファイルなどがシーンにあっていると言えます。

展示会にオリジナルエコバックをオススメする理由とは?

展示会で配布するノベルティでおすすめなのが、エコバッグです。特に自社のロゴなどを入れて作ったオリジナルのエコバッグであれば、宣伝効果も大きくなります。なぜオリジナルのエコバッグを推薦するのかというと、まず展示会症という場所にマッチしているからです。

展示会ではメーカーが新商品を発表したり、会社の紹介をしたりするため、多くのパンフレットなどが配布されます。そのため来場者は荷物が次第に増えていくことになります。そこでパンフレットなどの配布物を入れることができるエコバッグを配布すれば、その場で使うことが予測できるのです。

エコバッグはプリント可能な面積が広く、ロゴなどを大きくプリントすることが可能です。大きくプリントすれば、それだけインパクトも強く、展示会場内をエコバッグを持って歩いてもらえば、それだけで多くの来場者の目に触れることになります。

展示会終了後も買い物バッグとして使用してもらえれば、さらに多くの人の目に触れることも期待できます。エコバッグは繰り返し使用できますし、エコへの取り組みを行っていることで企業の好感度も上げることが期待できます。

オリジナルエコバックは色・素材が豊富!

オリジナルエコバックのメリットは、色・素材・デザインが豊富という点にもあります。エコバッグの色は企業のイメージカラーにしたり、アピールしたい商品のイメージに合わせたりと自由自在です。エコバッグ自体のカラーバリエーションが豊富ですし、ロゴや文字に使用する色も種類が豊富ですので、色の組み合わせにこだわることもできます。

文字の色を変えると印象が大きく変わるので、希望するイメージになるように配色にも気を配りましょう。

エコバッグと聞くとナイロン製のものをイメージすることが多いですが、エコバッグの素材には他にもいろいろあります。エコバッグに使用する素材としては、コットン・デニム・キャンバス生地・ナイロン・不織布などが人気です。

コットンやデニム、キャンバス生地は、丈夫で重いものを入れることができますが、エコバッグそのものが重くコストがかかるというデメリットもあります。ナイロンや不織布のエコバッグは、軽量でかさばらないのが魅力です。

ただし、布と比べるとややチープに見えることもありますので、デザインなどに凝ってバランスを取りましょう。

オリジナルエコバックは展示会で大活躍!

展示会は広い会場内を歩き回るので、荷物がまとまっていると移動が楽になります。そのため展示会で配布するノベルティとして、オリジナルのエコバッグが人気です。紙袋と違って耐久性が高く繰り返し使えるため、展示会後も愛用してもらえる可能性があります。

おしゃれなデザインで作成すれば訴求力も期待できるので、オリジナルエコバックがおすすめです。